【話題独占中】キャロウェイ GBB EPICドライバー 試打受付中!!

北海道はまだゴルフ場のオープンまでは間がありますが、そろそろ準備をし始めないといけないな、と思っている方も多いでのはないでしょうか。例年この時期は各メーカーからリリースされる新しいクラブの話題で盛り上がっているわけですが、今年にわかに話題を独占しているドライバーがCallaway ~キャロウェイ~ のGBB EPICドライバーです。 プロの皆さんも一様に驚いているわけなのですが、一般ユーザーの皆さんの中でも「本当に飛ぶ」らしいということで、各ゴルフショップに問い合わせが多数行っているようです。初速アップによる飛距離向上、弾道の違いの秘密をご紹介していきたいと思います。

 

最大の特徴!JAILBREAKテクノロジー

GBB EPICドライバーの最大の特徴、「たわみ」による初速・飛距離アップを実現している秘密がJAILBREAKテクノロジーと呼ばれる、これまでに類を見ない構造です。ヘッド内のフェイスのすぐ裏の部分に、クラウンとソール(ヘッドの上底と下底)を固くつなぐ「2本の柱」が取り付けられています。

本来は「フェイスだけ」がたわみ、そのたわみの力がボールに伝わっていくことが理想なのですが、従来のヘッドはフェイスのたわみがクラウンとソールにまで及んでしまい、せっかくのたわみの力が分散してうまくボールに伝わりきっていませんでした。クラウンとソールを固定してしまいたわまなくすることで、「フェイスだけがたわむ」状態を作り出し、これまでロスしていたフェイスのたわみの力を最大限にボールに伝えることを可能にしたのが、このJAILBREAKテクノロジーです。

ゴルフももちろん、野球やテニス、バドミントンなど「打つ」スポーツはこの「たわみ」が重要です。クラブのヘッドやラケットのガットがたわんだり、バットやボールがつぶれたりして、それが元に戻ろうとする「復元力」が300ヤード飛ばしたり、200km/hを超えるサーブを生んだり、外野スタンドの観客にボールを届ける力になります。もちろん他の部分も進化していますが、このキャロウェイにしかない斬新なJAILBREAKテクノロジーがボールの初速を上げ、楽に飛距離アップを実現してくれます。

 

エクソー・ケイジボディで低重心かつ高慣性モーメント

大きく軽量化されたエクソー・ケイジボディ(チタン製)を採用し、ヘッド中央部分を軽量化することができています。中央部分が軽量になった分の重量を最適位置に再配分し、低重心ながら慣性モーメントが非常に高い、ショットのバラつきを少なくできる、やさしいヘッドとなっています。

GBB EPIC STAR ドライバーはウェイトのスライドでドロー・フェードの弾道調整が可能、GBB EPIC Sub Zero ドライバーはヘッドの前方・後方でのウェイトの付け替えでスピン量の調整し、中弾道・高弾道を調整できます。スイングを変えずにボールの軌道を調整できる機能を、お悩みに合わせて選ぶことができます。

ヘッド上面の気流を整えるスピード・ステップ

航空宇宙学のエキスパートから直接アドバイスを受けて開発されており、ヘッド上面の気流を整え、空気抵抗を削減。スイングスピードを向上させ、大きな飛びを可能にします。

V字に2つずつ重なってついているのがスピード・ステップです(実際の製品は黒色です)。

 

この革新的なテクノロジーが目いっぱい詰まった、キャロウェイのGBB EPICドライバーの試打クラブが、札幌ゴルフ館ニュー真駒内店にも入荷しています。大型ゴルフ店の試打コーナーと違って、広いニュー真駒内ゴルフセンターの打席で、実際の弾道を確認することができます。石川プロを始め、トップゴルファーのみなさんが感じていた「いつもよりボールが先に行っている」感覚を、ぜひ実際に感じてみに来てみてください!より楽に確実に遠くへ飛んでいく新しいドライバーで、今シーズンは確実にスコアアップしてしまいましょう!