北海道トレイルランニング大会 2014 in ルスツ

みなさん、こんにちは!!

トレランの大会に参加して太ももがパンパン(筋肉痛)のスタッフITOです。

(>_<)

 

そのトレランとは【トレイルランニング大会inルスツ】です。

今回はそのレポートです。

よろしければご覧ください。

 

3時45分起床!!

トレランはロードと違ってバックパックにハイドレーション、ライト、熊鈴など準備が少し大変です。

その準備をいろいろしているとあっという間に出発の時間を過ぎていました。(^^ゞ

15分遅れの4時45分に自宅出発!!

車で1時間30分!!

やって来ました、ルスツリゾート!!

来るのは超久しぶりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

6時15分のルスツは寒く朝霧も発生してました。

でも幻想的でいい感じ(^O^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まずは受付へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この大会は種目が70キロ、50キロ、30キロ、16キロ、6キロ、キッズクラスの6つあります。

ITOは30キロと50キロの部どちらにしようか迷ったのですが、札幌マラソンも近いため今回は30キロの部に参加しました。

ちなみに70キロの部は4時30分スタートだから今この瞬間も走っているのです!!凄い!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受付のお姉さんに番号を伝えられ、その番号のバックを自分でテーブルから取って行きます。

間違えて他人の物を取らない様に注意してね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中にはゼッケンとチラシが入っています。

よくあるTシャツなどの参加賞ありませんでした。

 

天気は雲ひとつないドピーカン、トレラン日和です!!

スタート地点のフリーフォール横には既に沢山の参加者と応援の皆様が集まっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここでEカードを受け取ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肝心のEカードの写真を撮るのを忘れてしまいました(>_<)

これでコース上にあるチェックポイントでランナーは通過確認を自己責任で行います。

↓写真がEカードをチェックする機械です。

Eカード受け

かざすと小さなランプが光ります。

ITOが参加した30キロにはこれが10カ所設置されておりました。

そしてこの通過記録のデータが無いと失格になります。

あとで聞いた話ですが50キロトップで帰って来たランナーがEカードの通過記録が無かった為、失格になっていました。可愛そうすぎる~(T_T)/~~~

また、ここで抜き打ちの持ち物検査も行われるそうです。

山の中なので基本的には何が起こっても自分の身は自分で守らなくてはなりません。

そのためトレランでは必携品が義務付けられております。

この大会は8つの必携品があります。

①Eカード ②ホイッスル ③熊鈴 ④携帯電話 ⑤1リットル以上の水分 ⑥防寒具 ⑦ライト ⑨地図

これらに不備がある場合は出走できません。

来年、参加を検討されている方はご注意くださいね!!

 

そして、コースに迷わない様に赤と白のストリーマーが設置されております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロードと違い道に迷うこともあるのがトレランです。

これも後で聞いた話ですが、道に迷って2キロ前後も走りまわり時間をロスした方もいたそうです。

これまた可愛そう(T_T)/~~~

 

大会本部のバーベキューハウス内では売店もありました。

トレランシューズはもちろんバックパックなど色々な商品が売っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

MCは秀岳荘の小野社長!!

軽快なトークでプログラムを進行していました。(^O^)

その秀岳荘からプレゼントがありました。

エネルギーゼリーのような物が早いもの順で配られていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さあ、7時55分!!

スタートが近づいてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

整列完了です。

30キロの部参加者は110名ほど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

職業柄、ITOは参加者のシューズを見てしまいます。(*^_^*)

アシックスのトレランシューズはITOと写真中央よりやや右の黒いウェア(ゲルフジレーサー)の方ぐらいでした。

ITOはゲルフジセンサーを履いております。クッション性と屈曲性がとても良く履き心地が抜群です。

流石にトレランとなるとアシックスはまだまだ少ないようです。

やはりウェアも含めてノースフェイスが目立っていましたね。

中には「アディゼロ戦」を履いているランナーもいました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

8時00分!!

北海道トレイルランニング大会 in ルスツ 30キロの部スタートです!!!!!

スタート直前

 

 

ランナーが一斉に駆け抜けていきます!!

スタート直後

 

走りながら撮ったので多少のブレを許して下さい!!(^^ゞ

まずはホテル目の前の山、マウントウェスト(715m)を一気に駆け上ります!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最高の天気に最高の景色!!

ですが、ゆっくり景色を見る余裕はありません(^_^;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山頂到着!!

見事な景色です。

これから一気に下ります!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

中腹まで降りて来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

スキー場のコースらしき場所をどんどん下ります!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ホテル前まで戻ってきました。

これから230号線を渡ってルスツタワー方面へ向かいます。

ホテル前

 

230号線の横断はモノレール用の地下道を潜り抜けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ルスツタワー!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ゴルフ場の周りをグネグネ走り、道路を横断。

次はマウントイゾラ(994m)山頂目指してひたすら上ります!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これからあの山頂まで行くのかと思うと気が遠くなりそうでした(^_^;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

写真ではあまり登っている様に見えませんがコレずっと上り坂です(>_<)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この写真は上り坂って分かりますか?

結構な急こう配です(+_+)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

このようなシングルトラックも1.8キロ程あります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

靴は泥だらけ!!

いちいち除けて走ってられません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ちょっとボケていますが、2本の笹の茎が見えますか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この茎の突きあげが凄いストレスです。

トレランシューズを履いていても感じます。

来年参加予定の方はロード用シューズではなく必ずトレランシューズを準備しましょう!!

そう言えばスタートの時に見た「アディゼロ戦」を履いていたランナーは大丈夫だろうか?

 

やっと楽な道に出ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

?楽な道もつかの間…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この上り坂を山頂までずっと直登します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっと山頂の建物が見えて来ました。

でもこの登りで足を使い果たしてしまいこの辺りで両太ももが攣ってしまいました。(>_<)

いやー、ここでやってしまうとは完全にオーバーペースです。

まだ、もうひと山残っているのに…

大丈夫か俺?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっとの思いで山頂到着!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

羊蹄山(1898m)左と尻別岳(1107m)右が綺麗に見えます!!

普通の登山ならこの景色を見ると「あー頑張って登ってきてよかったー、さぁいい場所見つけてお昼ごはん食べよう!!」と思いますが今回はレース!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

せっかく登ったのに景色を堪能する間もなくすぐに下ります!!

そして結構な急斜面!!

攣った足にはかなり効きます(>_<)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっとの思いで下り終え最後の山、マウントイースト(868m)をまた登ります。

この辺りで10時00分スタートの16キロの参加者と合流します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この直登がエグいです!!

写真をよーく見ると山頂付近までずっとコースが続いているのが分かりますか?この上り坂をひたすら上り続けます!!中腹には他のランナーがポツン、ポツンと見えます。疲れている体にはココが本当にキツかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっと3つ目の山を制覇しました!!

ちょうど知り合いのKさんがスタッフとしていらっしゃいました。

Kさん「ITOさん、速い速い!!あとは下りだけです。頑張って!!」と声をかけて下さいました。

やはり応援は力になります!!最後の力が湧いてきました!!

Kさんありがとうございます!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それにしても下りが下手なITOです(>_<)

16キロ組にどんどん抜かれます!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ルスツのホテルやタワーが見えて来ました。

もう少し、もう少し!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ゴルフ場わきのコースからタワーを撮ったつもりだったのですが疲れ果ててズレちゃいました(^^ゞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

遂に30キロ走り切り…

正確には31.6キロのようです。

ゴール

 

やっと、ゴーーーーール!!!!!

ゴール1

 

ここで最後のEカードチェック!!

Eカード受け2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

どっこいしょ(笑)

ゴール後Eカード

タイムは3時間48分48秒!!

いやー本当疲れました。

ちょっとトレランをナメていました。

 

ゴール後、モーニングランに来て頂いていたNさんに合い写真を1枚撮ってもらいました。

ありがとうございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Nさんも6キロの部に参加しており見事43分でゴールしていました。

Nさんお疲れ様でした。

 

ゴールしたランナーはくじを引けます。

ウェアやポーチなどいろいろな景品が準備されておりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ITOはコレ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お仕事関係の方たちと少しお話しして、会場を見渡すと札幌のスポーツアロマサロン【ノチウ】の井畑さんも来ていました!!

自身も6キロの部に参加!!

40分58秒で5位、おめでとうございます!!

しかもその後、お仕事でランナーのマッサージなんて尊敬します!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まずは汗を流してお昼ごはん!!

会場横のBBQハウスで行っているジンギスカン食べ放題に行きました。

トレラン参加者やその家族は1050円で食べれます。

1080円じゃなくていいの?と思いましたがまっいいか(笑)

むしゃむしゃ食べちゃいました!!

多分消費カロリーを摂取カロリーが余裕で上回っていると思います!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

隣の若い男性2人組の会話から「いやーマッサージヤバくなかった?本当はもっとやってもらいたかったよ!!」みたいな会話が聞こえて来ました。井畑さんの頑張りで喜んでいるお客様がいると思うとITOまでなんだか嬉しくなってきました。(^O^)

 

15時00分から表彰式が行われました。

MCはもちろん小野社長!!

またまた軽快なトークで進めてました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寝袋やダウンジャケットなど2万円相当の?立派な副賞も!!

羨ましい!!(*^。^*)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

表彰式の最中、ふと横を見るとゴールしたランナーが疲れて倒れ込んでいました(笑)

気持ち分かる分かる(^_^;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大会リザルトはコチラ→http://www.o-hokkaido.com/hokkaidooutdoorfestival/2014/result.html

 

今回のトレランに参加して、下り坂の走り方が本当に下手だなと思いました。上り坂で前のランナーに一生懸命追いついても下りでどんどん引き離されました。誰の言葉か分かりませんが、やはり「下りを制する者がトレランを制する」ということを今回のレースで感じました。これからは下りのテクニックをしっかり身につけようと思います。また歩くという行為はロードではあまり良いとしませんがトレランの場合は走るポイントと歩くポイントのON、OFFをしっかり見極めなくてはならないことも学びました。来年も機会が合えば参加したいと思います!!

それでは、筋肉痛のITOでした!!

(^O^)/